• 当院の審美歯科
  • 監修医院紹介
  • 症例紹介
  • シチュエーション別

5.スタッフブログ

2019年9月 6日 金曜日

酸蝕症について

虫歯や歯周病に続いて歯を失う原因の一つに酸蝕症があります。
酸蝕症とは普段から口にする飲み物や食べ物に含まれる酸によって歯が解けてしまう症状のことです。歯のエナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶け出していしまった状態を「脱灰」といいます。
酸蝕症はこれまで大人になってからなるものだと思われていましたが、子どもの食生活が変わったこともあり、大人だけでなく、子どものうちから酸蝕症になってしまうケースが起き始めています。
酸蝕症になっている歯を酸蝕歯といいます。
酸蝕症の症状として
・冷たいもの、熱いものを飲んだり食べたりするとしみる
・歯が薄くなり象牙質が透けて黄色っぽく見える
・歯につやがない
・歯の表面に小さいへこみがある
・詰め物や被せものがはずれやすい
等です。
このような症状があると要注意です。
次回は酸蝕症の原因や治療方法についてお話します。

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

菊池歯科医院はスタッフ全員で患者さんの理想のお口元を実現します 診療時間 9:00~12:30 14:00~18:30 休診:土曜午後、日、祝
無料カウンセリング行なっています。 お問い合せはこちら 0942-32-1550

ホームページを見たとお伝えください 0942-32-1550所在地〒830-0032
福岡県久留米市東町25-20
最寄駅西鉄 久留米駅 徒歩5分診療時間9:00~12:30 14:00~16:30休診日日曜、祝日

詳しくはこちら