• 当院の審美歯科
  • 監修医院紹介
  • 症例紹介
  • シチュエーション別

5.スタッフブログ

2019年6月29日 土曜日

フッ素でむし歯予防

こんにちは!
菊池歯科医院の衛生士です(^^)
今回はフッ素のお話をします!

フッ素は歯の脱灰を抑制し再石灰化を促進します。
脱灰とは歯の成分が溶けだすことです。
むし歯はいきなり歯に穴があく病気ではなく、脱灰から始まります。脱灰が進行しても口の中の唾液が(細菌が作り出した)酸を中和して洗い流したり、溶けだしたカルシウムやリンを歯の表面に戻す働きをしてくれます。
これを「再石灰化」といいます。
フッ素は細菌の活動を抑えたり、溶けたエナメル質を修復したり、歯質を強化させたり、むし歯予防に効果的な成分です。

歯科医院ではむし歯予防の処置としてフッ素塗布が行われます。
特にむし歯になりやすい、「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」を持つ子供達に向けてフッ素塗布を行ないますが、実は大人にもフッ素は重要です。
大人になると以前治療した歯が再度むし歯になったり、不規則な生活で十分に歯磨きが出来なかったりなどの理由でむし歯になるリスクが上昇することがあります。
また、加齢や歯周病の進行で歯肉が下がってしまい、セメント質と呼ばれる弱い表面が露出するとむし歯になりやすいです。

最近の歯科研究では、フッ素配合の歯磨き粉を使うと歯の根元のむし歯を67%抑制できるという結果があり、現在では市販されている9割近くの歯磨き粉にフッ素が配合されています。
フッ素配合の歯磨き粉を使用した後はお口の中にフッ素を長く留める事が大切です。
歯磨き後のうがいは少ない水で1回、その後1~2時間は飲食を控えると効果的です。

フッ素配合の歯磨き粉や洗口液を上手に活用して積極的にむし歯予防をしましょう!

imgG55250017_1561790333850

imgG55250017_1561790335624

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

2019年6月22日 土曜日

ホワイトニング体験

こんにちは、明治通りの菊池歯科医院でございます!今日から7月27日(土)の期間中の毎週土曜日、久留米ほとめき通り商店街において夏を彩るイベント「土曜夜市」が開催されます!今年で50回目になるそうです、夕涼みに是非みなさん足を運んでみてください

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

2019年6月15日 土曜日

虫歯予防のために子どもに何をするの

・まず歯の大切さを伝えましょう
 「歯は何本あるのかな?」
 「歯はどうして生えているのかな?」
 「虫歯になるとどうなるかな?」など疑問を一緒に考えて   話し合うと良いです。虫歯になる前に歯科医院に予防に行くのも苦手意識が薄れて良いでしょう。

・虫歯や歯周病の怖さを説明する
 「歯磨きをしないと虫歯になっちゃうよ」と歯磨きを促すお父さんお母さんも多いのではないでしょうか?虫歯や歯周病の怖さを正しく伝えることでその言葉の効果がアップします。歯磨きに関する絵本やDVDなどを使って伝えることもオススメです。

・歯磨きの大切さを伝える
 正しい歯磨きを小さいうちから身につけておくと安心です。歯ブラシの持ち方や動かし方、力の入れ方を教えてあげて下さい。磨く順番を決めておくと磨き残しが減ります。お父さんお母さんが実際に子どもの目の前で正しい磨き方を見せてあげるのも効果的です。

・歯磨きを嫌がる子どもへの対策法
 子どもが歯磨きを好きになる道具を揃えてあげて下さい。ドラッグストアなどで歯ブラシや歯磨き粉、コップを一緒に選ぶと良いでしょう。好きなキャラクターや好きな色だと歯磨きの時間が楽しくなると思います。歯ブラシがチクチクして苦手な子には毛先が柔らかい子ども用の歯ブラシを選んであげて下さい。

・きれいに磨けたら褒めてあげましょう。
 褒めることで子どもの自信になり、次の歯磨きのモチベーションアップにつながります。お父さんお母さんだけでなく、家族みんなで褒めてあげて下さい。

imgG55250017_1560570488542

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

2019年6月13日 木曜日

梅雨前

こんにちは、明治通りの菊池歯科医院でございます!
今年ももう半年が経ちましたね、いよいよ梅雨に入りますね

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

2019年6月12日 水曜日

〜歯と口の健康週間〜

歯と口の健康週間は厚労省、文科省、日本歯科医師会が1958年から実施している週間です。虫歯予防デーともいわれています。

毎年6月4日から6月10日までの1週間、歯の衛生に関する正した知識を国民に対して普及、啓発するとともに歯科疾患の予防の徹底や早期発見・早期治療を励行することで歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進を目的としています。

一度は耳にされたことがある、「8020運動」はその取り組みの一環です。
〝80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう〟という運動です。

生涯すべてのライフステージで健康な歯を保つということは、毎日食事をする上でとても大切です。


お口は体の入り口です。全身のケアとともにお口のケアにも関心を持ち、いつまでも楽しくおいしく食事ができるように一本一本の歯を大切にしましょう(^^)

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

菊池歯科医院はスタッフ全員で患者さんの理想のお口元を実現します 診療時間 9:00~12:30 14:00~18:30 休診:土曜午後、日、祝