• 当院の審美歯科
  • 監修医院紹介
  • 症例紹介
  • シチュエーション別
HOME > 矯正歯科

矯正治療

美しく機能的な歯並びへ
美しく機能的な歯並びへ

歯並びが悪いと、見た目のコンプレックスになりやすいうえに、食べ物がよく噛めない、ブラッシングがしにくいので虫歯や歯周病になりやすい、発音が悪くなるといった機能面で悪影響が現れます。
久留米の菊池歯科医院では、成長期のお子様から成人までの歯並び矯正に対応。
美しさと機能性を持ち合わせた理想の歯並びを実現します。

基本の矯正方法

確実に効果の出やすいワイヤーを使った矯正治療を行っています。
目立ちにくい素材(白いブラケットや白いワイヤー)の取扱いや、部分矯正にも対応しています。

矯正歯科専門医との違い

当院では矯正治療を行うのは、一般歯科医【虫歯、歯周病、被せもの、入れ歯、インプラント治療】です。
矯正専門医は矯正のみ行う歯科医師のことになります。もちろん、矯正専門医とは認定免許を取得しておりますので矯正のみで口腔内の治療が完結する場合は良いかと考えます。しかし、私たち、人間は特に成人になると歯周病を患していない人はほとんどいません。必ず歯周病のどこかの段階にいることが現実です。
矯正治療とは、歯周病の炎症のコントロールをしながら、歯を動かすことが大事になりますので、歯周病の知識や施術の仕方がわかっている一般臨床歯科医師が行うことはとても安心なことに繋がるのです。
また、虫歯になっている場合も、矯正治療の前に治療を行ったり、矯正途中で虫歯簿治療を行ったりがありますので、そのような場合において、専門医であれば、他院をご紹介したりする必要があります。患者さんにとっては、口の中の治療において、複数の歯科医院を受診する必要がありますので、わずらわしさがあります。
一般臨床歯科医師の治療であれば、必要な状況に応じて、同じクリニックで治療を受けることが可能になります。
また、当院ではインプラント専門医が在籍しておりますので、インプラント治療と矯正治療を同時に行うことができます。この点は、より専門性の高い歯科医師のやり取りをすることで、トータル的にレベルの高い治療が可能となります。

子どもと大人の矯正歯科について

子どもの矯正 子どもの矯正は、顎の発達を抑制する因子を取り除くⅠ期、Ⅱ期に分けて対応していきます。
成長過程に歯列を整えることで、見た目の歯並びが整うのはもちろん、将来的に虫歯や歯周病になりにくい口腔内の環境をつくることができます。
大人の矯正 もともとの歯並びの悪さから矯正を行う以外にも、加齢や歯周病などの疾患で歯の位置が動き、歯並びが崩れてしまった場合に矯正を行うこともあります。
大人で矯正は無理なのではと考えがちですが、そんなことはありません。
審美的な改善と機能的(咬み合わせ)な改善の両立を目指します。

久留米にある菊池歯科医院の矯正歯科のポイント

〝スマイル・ライン〟を想定した矯正

正面から見てニコッと笑った時の歯の見えかたを、「スマイル・ライン」と呼びます。
患者様の口角が上がった時にどのあたりまで歯が見えるのか、歯と歯茎のバランスはどうかなど1㎜単位で細かくシミュレーションし、明確にゴールを設定します。
もちろん口元だけを見るのではなく、顔全体とのバランスも考慮しながら治療を進めています。

矯正歯科治療のスケジュール

STEP1  カウンセリング
STEP1 カウンセリング

歯並びや口腔内のお悩みについてお話を伺います。
その際に問診票をご記入いただきます。

STEP2  かみ合わせ診断

歯と口腔内の型を取って模型と咬合器をつくります。

かみ合わせ診断

かみ合わせ診断

↓

かみ合わせ診断

STEP3  第1回 コンサルティング

カウンセリングと模型や咬合器の状態からシミュレーションして、最適な矯正方法についてご説明します。
その際に大まかな費用や治療期間についてもご案内します。

STEP4  資料取り (CT撮影・セファロレントゲンなど)

治療に進むのであれば、さらに詳しく資料取りをします。
具体的にはレントゲンや歯科用CTなどで歯と口腔内の状態を撮影し、さらには舌の位置や顔、頭の位置なども測定し、さらに詳細な模型や咬合器をつくります。

資料取り

資料取り

STEP5 第2回 コンサルティング

より詳細なシミュレーションを行い、正確な治療内容、期間、費用などを患者様にご説明します。

STEP6  治療スタート

患者様に合った矯正装置を装着して、治療をスタートします。

STEP7  調整期間・保定期間を経て治療終了

月1回ほどの割合で通院していただき、矯正装置の調整を行います。矯正期間には個人差があります。

矯正歯科治療の症例紹介

矯正歯科治療

治療前

治療前

→

治療後

治療後

審美矯正治療
before-after

矯正治療のアフターフォロー

矯正治療とは、治療が終わると、保定装置(動かした歯がもとに戻らないようにするための装置)を口腔内に装着していきます。これをきちんと装着していないと、歯が動いてしまったりするリスクがあります。矯正治療が終わると同時にそのお話は患者さんに行っていきます。ただ、どうしても患者さんは治療が終わってしまうと、もう歯科医院に来なくていいんだと思ってしまうとあまりよろしくないことが起こることがあります。矯正治療が終わってすぐは歯肉の状態がまだ安定していませんので、口腔内ケアを定期的に行っていきます。これを定期的に行う【メンテナンスといいます】ことが口腔内のきょうきょうを安定させる秘訣になります。

+通院される患者様が多い地域
久留米市、小郡市、筑紫野市、広川町、筑後市、八女市、大牟田市、柳川市、みやま市
菊池歯科医院はスタッフ全員で患者さんの理想のお口元を実現します 診療時間 9:00~12:30 14:00~18:30 休診:土曜午後、日、祝