• 当院の審美歯科
  • 監修医院紹介
  • 症例紹介
  • シチュエーション別

4.美穂先生のブログ

2020年5月15日 金曜日

口腔内光学スキャナーのiTero elementのご紹介

 口腔内光学スキャナーのiTero elementのご紹介

当院では口腔内光学スキャナーiTero elementを導入しております。
以前はインビザライン作成時、シリコン状の粘土のようなものをお口に入れて硬化する時間(6分間)を待ち、歯型を取っていました。
しかし、こちらのiTeroを使用する場合、型取りはお口の中にカメラを入れて、レーザー光によって歯並びをスキャンします。
スキャンした歯並びは画面に映しだされ、すぐにデータ化することが可能です。また、簡単ではありますがその場で矯正後のシュミレーションを作成する事も可能です。
さまざまな光学スキャナーの種類はありますが、iTeroとインビザラインは同じアラインテクノロジー社が開発したものになるので、
インビザラインに特化した光学スキャナーといえます。

iTeroを導入することによってのメリットをご紹介いたします。

◎精密性・正確性が高い点
従来のシリコンで行う型取りと比べて、歯形の再現性が約10倍の精度(アラインテクノロジー社調べ)になります。
再現性の精度が上がることによって、より正確なマウスピースを作成することができます。
また、より歯にフィットするマウスピースを使うことによって、治療期間の短縮にも繋がります。

◎型取りの不快感が少ない点
・嘔吐反射がある ・長時間口の中を開けていなくてはならない ・口の中が粘土でいっぱいになり気持ち悪い などと、
従来の型取りの際には、不快感を感じていた患者様もいらっしゃるかと思います。 iTeroではカメラを口の中に入れてスキャンしていくため、
嘔吐反射が起きにくく、スキャン中でも通常通り呼吸ができます。 長時間静止して口をあけている必要はありません。
口の中の圧迫感も少ないため、以前より快適に型取りを行うことができます。

◎インビザライン作成時間の短縮できる点
インビザラインの患者様の従来の流れ シリコン印象材で型取りを行う → 取った歯型をアメリカへ郵送 → 到着後工場にてデータ化 → インビザラインが作られる
iTeroを使用時の流れ 患者様のお口の中をカメラでスキャン → 歯型を読み取り情報をデータ化 →瞬時にアメリカへ送信 → インビザラインが作られる
いままでは、インビザラインが届くまでに1ヶ月半程度かかっていましたが、iTero導入により期間が短縮されました。
iTeroを使用することによって、型取りの時間・輸送にかかる時間を短縮でき、矯正治療をスムーズにスタートすることができます。

投稿者 菊池歯科医院 | 記事URL

菊池歯科医院はスタッフ全員で患者さんの理想のお口元を実現します 診療時間 9:00~12:30 14:00~18:30 休診:土曜午後、日、祝